三人子育て主婦が行政書士試験を目指すブログ

0歳、2歳、4歳と行政書士試験の独学勉強中です!学習内容まとめ、学習計画、日々の子育てと勉強で感じたことなど。

【民法】所有権 用語まとめ

f:id:kinakopasta:20190420073023j:plain

こんにちは。きなこです。

10カ月になった末っ子君がもう既に歩いてます。

 

行政書士試験を受ける頃にはもう喋りだしてるんだろうな~✨

 

私も成長しなくては💦

 

 

今月は、民法勉強中です。

わからなかった単語についてまとめます。

 

 

故なし【ゆえなし】

何の理由もない。いわれがないこと。

 

 

賠償【ばいしょう】

違法なことに対する補填。

 

 

補償【ほしょう】

適法なことに対する補填。

 

 

無主物先占【むしゅぶつせんせん】

誰の所有にもなっていない動産(無主物)を、所有の意思をもって占有すること。

それにより、その物の所有権を得る。

たとえば、海や川の魚を釣り上げるなど。

★ちなみに、無主物の不動産は、国のものになる。

 

 

遺失物拾得【いしつぶつしゅうとく】

おとしものをひろうこと。

公告後3ヶ月で所有権を取得できる。

 

 

埋蔵物発見【まいぞうぶつはっけん】

埋まっていたものや、何かに包まれて見えない状態にあるものを見つけること。

発見後6ヶ月で所有権を取得できる。

 

 

付合【ふごう】

二つ以上の物が結合して1つの物ができること。

不動産に、動産が付合したときは、不動産の所有者が所有権を取得するのが原則。

動産に動産が付合したときは、主たる動産の所有者が所有権を取得する。(価格の割合で決まる。)

 

 

混和【こんわ】

所有者の異なる動産が混ざりあっているとき。

主たる動産の所有者が所有権を取得する。

 

 

加工【かこう】

他人の動産に工作を加え、新たな物件とした場合。

原則として、材料の所有者が所有権を取得する。

工作によって生じた価格が著しく材料の価格を越えるときは、加工者が所有権を取得する。

加工者が材料の一部を提供して加工したときは、加工物の価格が材料の価格を上回れば加工者が所有権を取得する。

 

 

↓テキストはこれを使用しています。

 国家試験受験のためのよくわかる民法

 

国家試験受験のためのよくわかる民法

 

 

 

お読みいただきありがとうございました:)